-9.5度の寒さから! ■輸入元様資料より抜粋■ フルーツキャンディ を思わせる、甘くフルーティな香り。 クリーンな味わい で、アイスワインらしいしっかりとした酸が 長期熟成のポテンシャル を与えています。 INFORMATIONNameUdenheiemr Kirchberg Eiswein Rudolf Fauthブドウ品種リースリング40%/ピノグリ40%/ゲヴュルツトラミネール10%/ミュスカ5%/オーセロワ5%(手摘み/平均85年)生産者名ルドルフ・ファウス産地ドイツ/ラインヘッセンRegionGermany/Rheinhessen内容量375mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating
ウーデンハイマー キルヒベルク リースリング アイスワイン 2016 ルドルフ ファウス375ml 白 甘口 定番,本物保証

ウーデンハイマー キルヒベルク リースリング アイスワイン 2016 ルドルフ ファウス375ml 白 甘口 定番,本物保証 —— 3,500円


■輸入元様資料より抜粋■ 樹齢12〜20年 のぶどうを原料に、2〜3回使った樽で 12ヶ月以上熟成 。 ミディアムボディ。 INFORMATIONNameMalterdinger Spatburgunder trocken Bernhard Huberブドウ品種シュペートブルグンダー生産者名ベルンハルト フーバー産地ドイツ/バーデンRegionGermany/Baden内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating フーバーを飲むまでは、 ドイツ・ワインの本当の実力を 知りえない! 遂に、この造り手をご紹介できる日がやってきました! 1984年の創設以来、瞬く間に、 世界のトップ・クラス の地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏です!!(2008年の4月には、実店舗タカムラにも来店してくれて、セミナーまで開催してくれました♪) ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』で… 『最優秀醸造家賞を受賞!』 と、更なる飛躍をしています。 これほどの飛ぶ鳥を落とす勢いであるにも関わらず、ご本人は、いたって物静かで、とても紳士的な方です。 そして、その人柄が表現されたかのようなワインは、やはり素晴らしい! 私がフーバー氏のワインを初めて口にした のは、確か今から5〜6年ほど前だっかと思います。 当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。 (※寒さの厳しいドイツでは、ブドウの糖度を上げるのは至難の業で、ドイツ国内のワインの格付けは、甘いほど、ランクが上になるという仕組みです。) そんな中出会った、フーバー氏の 『辛口白ワイン』 には、 当時かなりの衝撃 を受けました! 『素晴らしい…』 そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージを根底から覆されるほどの感動を覚えた事を、今でも鮮明に覚えています。 ところが、フーバー氏が凄いのは、これだけではなかったのです! フーバー氏の 『ピノ・ノワール』 を飲んだら、 これがまた凄かった!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールを造れる生産者がいるの!?』 と、これまた 目からウロコ が落ちました(;^^) エレガントでありながら、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ ブルゴーニュの偉大なピノを彷彿と させる、素晴らしいグラン・ヴァンに酔いしれました。 そう、実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、国営放送からも取材が来たほどなのです。 そのワインは、飲めば、どれほどの努力を重ねて生み出されたものかが伺えるほど、 レベルの高さは一目瞭然。 フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけとなったのは、かつて読んだ、古い文献がきっかけでした。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』の名で呼んでいたという事実が! わが故郷が、ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的なその出会いが、フーバー氏の 『最高のピノ・ノワール』 造りへと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、素晴らしいのです。私が、実体験を通して実感しています。 これだけの人物でありながら、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリーを視察に行き、数々の造り手と交流が深く、機会あるごとに他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心。 現状に甘んじず、常に前進あるのみ! なのです。 基本的に物静かな方でしたが、ブドウの栽培のこととなると、1の質問に10くらい返ってくるような、内に秘めた情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 『格付けなんて度外視!』 そんな信念で造られたワインは、世界が見過ごしはしませんでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏 渾身の逸品達 を、是非この機会にお試し下さい!! 【彼の白ワインについて】 そんなフーバー氏のワインといえば、昔から赤白問わず辛口スタイルが主流です。 他の生産者は甘口を作っているのに、何故辛口に拘るのか、との問いには… 『リースリングの甘口は、モーゼル等北が沢山造っているし、自分があえて作る必要はない。』 とさらり。 このあたりからも、自分の造るワインに対しての自信が伺えます。 そんなフーバー氏の造る、ワイワイと楽しめる1リットル瓶入りのミュラートゥルガウに、 私、ハマってしまいました(笑) 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。 フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその鍵を握る、素晴らしい土壌がこの地に存在しているのです。 【彼の赤ワインについて】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌です。 そう、つまり、ブルゴーニュの シャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌 なのです! そう、かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明していました。 そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく覆す、エレガントさと優美さを備えています。 それは、この3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほど。
マルターティンガー シュペートブルグンダー トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー 赤ワイン 安い,限定セール

マルターティンガー シュペートブルグンダー トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー 赤ワイン 安い,限定セール —— 4,400円


■輸入元様資料より抜粋■ 樹齢12〜20年 のぶどうを原料に、2〜3回使った樽で 12ヶ月以上熟成 。 ミディアムボディ。 INFORMATIONNameMalterdinger Spatburgunder trocken Bernhard Huberブドウ品種シュペートブルグンダー生産者名ベルンハルト フーバー産地ドイツ/バーデンRegionGermany/Baden内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating フーバーを飲むまでは、 ドイツ・ワインの本当の実力を 知りえない! 遂に、この造り手をご紹介できる日がやってきました! 1984年の創設以来、瞬く間に、 世界のトップ・クラス の地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏です!!(2008年の4月には、実店舗タカムラにも来店してくれて、セミナーまで開催してくれました♪) ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』で… 『最優秀醸造家賞を受賞!』 と、更なる飛躍をしています。 これほどの飛ぶ鳥を落とす勢いであるにも関わらず、ご本人は、いたって物静かで、とても紳士的な方です。 そして、その人柄が表現されたかのようなワインは、やはり素晴らしい! 私がフーバー氏のワインを初めて口にした のは、確か今から5〜6年ほど前だっかと思います。 当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。 (※寒さの厳しいドイツでは、ブドウの糖度を上げるのは至難の業で、ドイツ国内のワインの格付けは、甘いほど、ランクが上になるという仕組みです。) そんな中出会った、フーバー氏の 『辛口白ワイン』 には、 当時かなりの衝撃 を受けました! 『素晴らしい…』 そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージを根底から覆されるほどの感動を覚えた事を、今でも鮮明に覚えています。 ところが、フーバー氏が凄いのは、これだけではなかったのです! フーバー氏の 『ピノ・ノワール』 を飲んだら、 これがまた凄かった!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールを造れる生産者がいるの!?』 と、これまた 目からウロコ が落ちました(;^^) エレガントでありながら、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ ブルゴーニュの偉大なピノを彷彿と させる、素晴らしいグラン・ヴァンに酔いしれました。 そう、実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、国営放送からも取材が来たほどなのです。 そのワインは、飲めば、どれほどの努力を重ねて生み出されたものかが伺えるほど、 レベルの高さは一目瞭然。 フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけとなったのは、かつて読んだ、古い文献がきっかけでした。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』の名で呼んでいたという事実が! わが故郷が、ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的なその出会いが、フーバー氏の 『最高のピノ・ノワール』 造りへと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、素晴らしいのです。私が、実体験を通して実感しています。 これだけの人物でありながら、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリーを視察に行き、数々の造り手と交流が深く、機会あるごとに他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心。 現状に甘んじず、常に前進あるのみ! なのです。 基本的に物静かな方でしたが、ブドウの栽培のこととなると、1の質問に10くらい返ってくるような、内に秘めた情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 『格付けなんて度外視!』 そんな信念で造られたワインは、世界が見過ごしはしませんでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏 渾身の逸品達 を、是非この機会にお試し下さい!! 【彼の白ワインについて】 そんなフーバー氏のワインといえば、昔から赤白問わず辛口スタイルが主流です。 他の生産者は甘口を作っているのに、何故辛口に拘るのか、との問いには… 『リースリングの甘口は、モーゼル等北が沢山造っているし、自分があえて作る必要はない。』 とさらり。 このあたりからも、自分の造るワインに対しての自信が伺えます。 そんなフーバー氏の造る、ワイワイと楽しめる1リットル瓶入りのミュラートゥルガウに、 私、ハマってしまいました(笑) 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。 フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその鍵を握る、素晴らしい土壌がこの地に存在しているのです。 【彼の赤ワインについて】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌です。 そう、つまり、ブルゴーニュの シャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌 なのです! そう、かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明していました。 そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく覆す、エレガントさと優美さを備えています。 それは、この3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほど。
マルターティンガー シュペートブルグンダー トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー 赤ワイン 爆買い,セール

マルターティンガー シュペートブルグンダー トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー 赤ワイン 爆買い,セール —— 4,400円


■輸入元様資料より抜粋■ ピノ系2品種 をうまくブレンドして造られた、初リリースの 旨味たっぷり白ワイン です。 INFORMATIONNameMalterdinger Weissewein trocken Bernhard Huberブドウ品種ヴァイサーブルグンダー/シャルドネ生産者名ベルンハルト フーバー産地ドイツ/バーデンRegionGermany/Baden内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating フーバーを飲むまでは、 ドイツ・ワインの本当の実力を 知りえない! 遂に、この造り手をご紹介できる日がやってきました! 1984年の創設以来、瞬く間に、 世界のトップ・クラス の地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏です!!(2008年の4月には、実店舗タカムラにも来店してくれて、セミナーまで開催してくれました♪) ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』で… 『最優秀醸造家賞を受賞!』 と、更なる飛躍をしています。 これほどの飛ぶ鳥を落とす勢いであるにも関わらず、ご本人は、いたって物静かで、とても紳士的な方です。 そして、その人柄が表現されたかのようなワインは、やはり素晴らしい! 私がフーバー氏のワインを初めて口にした のは、確か今から5〜6年ほど前だっかと思います。 当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。 (※寒さの厳しいドイツでは、ブドウの糖度を上げるのは至難の業で、ドイツ国内のワインの格付けは、甘いほど、ランクが上になるという仕組みです。) そんな中出会った、フーバー氏の 『辛口白ワイン』 には、 当時かなりの衝撃 を受けました! 『素晴らしい…』 そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージを根底から覆されるほどの感動を覚えた事を、今でも鮮明に覚えています。 ところが、フーバー氏が凄いのは、これだけではなかったのです! フーバー氏の 『ピノ・ノワール』 を飲んだら、 これがまた凄かった!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールを造れる生産者がいるの!?』 と、これまた 目からウロコ が落ちました(;^^) エレガントでありながら、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ ブルゴーニュの偉大なピノを彷彿と させる、素晴らしいグラン・ヴァンに酔いしれました。 そう、実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、国営放送からも取材が来たほどなのです。 そのワインは、飲めば、どれほどの努力を重ねて生み出されたものかが伺えるほど、 レベルの高さは一目瞭然。 フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけとなったのは、かつて読んだ、古い文献がきっかけでした。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』の名で呼んでいたという事実が! わが故郷が、ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的なその出会いが、フーバー氏の 『最高のピノ・ノワール』 造りへと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、素晴らしいのです。私が、実体験を通して実感しています。 これだけの人物でありながら、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリーを視察に行き、数々の造り手と交流が深く、機会あるごとに他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心。 現状に甘んじず、常に前進あるのみ! なのです。 基本的に物静かな方でしたが、ブドウの栽培のこととなると、1の質問に10くらい返ってくるような、内に秘めた情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 『格付けなんて度外視!』 そんな信念で造られたワインは、世界が見過ごしはしませんでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏 渾身の逸品達 を、是非この機会にお試し下さい!! 【彼の白ワインについて】 そんなフーバー氏のワインといえば、昔から赤白問わず辛口スタイルが主流です。 他の生産者は甘口を作っているのに、何故辛口に拘るのか、との問いには… 『リースリングの甘口は、モーゼル等北が沢山造っているし、自分があえて作る必要はない。』 とさらり。 このあたりからも、自分の造るワインに対しての自信が伺えます。 そんなフーバー氏の造る、ワイワイと楽しめる1リットル瓶入りのミュラートゥルガウに、 私、ハマってしまいました(笑) 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。 フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその鍵を握る、素晴らしい土壌がこの地に存在しているのです。 【彼の赤ワインについて】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌です。 そう、つまり、ブルゴーニュの シャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌 なのです! そう、かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明していました。 そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく覆す、エレガントさと優美さを備えています。 それは、この3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほど。
マルターティンガー ヴァイスヴァイン 2016 ベルンハルト フーバー 白ワイン HOT,人気セール

マルターティンガー ヴァイスヴァイン 2016 ベルンハルト フーバー 白ワイン HOT,人気セール —— 4,900円


■輸入元様資料より抜粋■ ピノ系2品種 をうまくブレンドして造られた、初リリースの 旨味たっぷり白ワイン です。 INFORMATIONNameMalterdinger Weissewein trocken Bernhard Huberブドウ品種ヴァイサーブルグンダー/シャルドネ生産者名ベルンハルト フーバー産地ドイツ/バーデンRegionGermany/Baden内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating フーバーを飲むまでは、 ドイツ・ワインの本当の実力を 知りえない! 遂に、この造り手をご紹介できる日がやってきました! 1984年の創設以来、瞬く間に、 世界のトップ・クラス の地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏です!!(2008年の4月には、実店舗タカムラにも来店してくれて、セミナーまで開催してくれました♪) ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』で… 『最優秀醸造家賞を受賞!』 と、更なる飛躍をしています。 これほどの飛ぶ鳥を落とす勢いであるにも関わらず、ご本人は、いたって物静かで、とても紳士的な方です。 そして、その人柄が表現されたかのようなワインは、やはり素晴らしい! 私がフーバー氏のワインを初めて口にした のは、確か今から5〜6年ほど前だっかと思います。 当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。 (※寒さの厳しいドイツでは、ブドウの糖度を上げるのは至難の業で、ドイツ国内のワインの格付けは、甘いほど、ランクが上になるという仕組みです。) そんな中出会った、フーバー氏の 『辛口白ワイン』 には、 当時かなりの衝撃 を受けました! 『素晴らしい…』 そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージを根底から覆されるほどの感動を覚えた事を、今でも鮮明に覚えています。 ところが、フーバー氏が凄いのは、これだけではなかったのです! フーバー氏の 『ピノ・ノワール』 を飲んだら、 これがまた凄かった!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールを造れる生産者がいるの!?』 と、これまた 目からウロコ が落ちました(;^^) エレガントでありながら、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ ブルゴーニュの偉大なピノを彷彿と させる、素晴らしいグラン・ヴァンに酔いしれました。 そう、実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、国営放送からも取材が来たほどなのです。 そのワインは、飲めば、どれほどの努力を重ねて生み出されたものかが伺えるほど、 レベルの高さは一目瞭然。 フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけとなったのは、かつて読んだ、古い文献がきっかけでした。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』の名で呼んでいたという事実が! わが故郷が、ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的なその出会いが、フーバー氏の 『最高のピノ・ノワール』 造りへと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、素晴らしいのです。私が、実体験を通して実感しています。 これだけの人物でありながら、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリーを視察に行き、数々の造り手と交流が深く、機会あるごとに他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心。 現状に甘んじず、常に前進あるのみ! なのです。 基本的に物静かな方でしたが、ブドウの栽培のこととなると、1の質問に10くらい返ってくるような、内に秘めた情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 『格付けなんて度外視!』 そんな信念で造られたワインは、世界が見過ごしはしませんでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏 渾身の逸品達 を、是非この機会にお試し下さい!! 【彼の白ワインについて】 そんなフーバー氏のワインといえば、昔から赤白問わず辛口スタイルが主流です。 他の生産者は甘口を作っているのに、何故辛口に拘るのか、との問いには… 『リースリングの甘口は、モーゼル等北が沢山造っているし、自分があえて作る必要はない。』 とさらり。 このあたりからも、自分の造るワインに対しての自信が伺えます。 そんなフーバー氏の造る、ワイワイと楽しめる1リットル瓶入りのミュラートゥルガウに、 私、ハマってしまいました(笑) 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。 フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその鍵を握る、素晴らしい土壌がこの地に存在しているのです。 【彼の赤ワインについて】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌です。 そう、つまり、ブルゴーニュの シャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌 なのです! そう、かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明していました。 そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく覆す、エレガントさと優美さを備えています。 それは、この3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほど。
マルターティンガー ヴァイスヴァイン 2016 ベルンハルト フーバー 白ワイン 安い,格安

マルターティンガー ヴァイスヴァイン 2016 ベルンハルト フーバー 白ワイン 安い,格安 —— 4,900円


ご好評に付き2015年物は完売致しました 現在2016年を販売中 ■2015年完売の為2016年販売中■ ご好評に付き2015年物が完売致しましたので、現在2016年物を販売中! 2016年のご購入はこちらから! 『ピノ好きはマスト。』『僕がバイヤーやっていたら1000本は欲しい!』 先日、 ドイツワイン協会が主催する試飲会で、 『どうしてもご紹介したい!!』 と思わせるワインに出会いました! 150本以上もの出品があった中から、スバ抜けて美味しかったワインが、マルティン・ヴァスマーのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)です。 ブルゴーニュに例えるなら、シャンボール・ミュジニーの優美さと、モレ・サン・ドニの温かな豊かさを兼ね備えた味わいで、もう香りからノックアウト状態(笑) 実は、マルティン氏はシャンボール・ミュジニーを代表する造り手 《アミオ・セルヴェル》 で研修、娘さんも 《トリンバック》 や 《メオ・カミュゼ》 といった、大御所の門を叩いて研修したのだとか! さらに、ワイナート誌95号の企画《ドイツ&オーストリア赤ワイン50本試飲》で… 『第1位を獲得し、今号の大絶賛に選出!!』 しかもテイスターの西山氏のコメントでは… 『僕がバイヤーやっていたら1000本は欲しい!ピノ好きはマスト。』 とコメントをしたりと、 専門家やプロにも認められたのです(^_^)v ブルゴーニュ好きにも、是非、いや、絶対に飲んで頂きたい1本です!! ■輸入元様資料より抜粋■ 所有する以下の6つの畑のブドウから造られるキュベ。 シュラッター・マルテーザーガルテン、アウゲナーレッテン、ドッティンガー・カステルベルク、エーレンステッター・エールベルク、スタウフェナー・シュロスベルク、ラウフェナー・アルテンベルク。 森の果実のニュアンスと湧き上がるこなれた酸をまとっているので、 様々な料理に寄り添うことはもちろんこのエリアの空気感を体現した一本です 。 天然酵母、内20%は梗を含むブドウを圧搾、フランス産バリックにより12ヶ月熟成。 INFORMATIONNameMarkgraflerland Spatburgnder Martin Wassmerブドウ品種シュペートブルグンダー生産者名マルティン ヴァスマー産地ドイツ/バーデンRegionGermany/内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating (輸入元様資料より抜粋) 当主マルティン・ヴァスマーさんは57歳。3女1男の父。 もともとはトウモロコシとじゃがいもの栽培農家だった家庭に育ち、19歳から21歳には料理人を目指す。 その後、やはり農業が好きということで実家に戻り、シュパーゲル(ホワイトアスパラ)の栽培を開始。 彼のアスパラを求めてくるお客さんと地元のワインを飲むたびに、その相性に「何か違う」と違和感を覚え、ご両親が趣味で所有していた4ヘクタールの葡萄畑を元に、1997年、36歳にして醸造所を創設した遅咲きの醸造家です。 そこからどんどんはまっていき、北はフライブルクの東グロッタータールから南はスイス国境のアオゲンまで南北に渡って35ヘクタールを所有するまでになりました。 1998年には、ブルゴーニュ シャンボール・ミュジニー随一の生産者の一つ、アミオ・セルヴェルにて研修。 また、 長女のサブリナさんはラインガウのシュロスフォルラーツ、 アルザスのトリンバックにて研修。 最後にはブルゴーニュのメオカミュゼに3年間手紙を書き続け頼み込み、ようやく研修生として受け入れてもらったという、とてもガッツのある才女です。 一番下の息子さんは現在、同じくバーデン地域のトップ生産者であるベルンハルト・フーバーで研修中。
マークグレーフラーランド シュペートブルグンダー 2015 マルティン ヴァスマー 赤ワイン S お買い得,定番人気

マークグレーフラーランド シュペートブルグンダー 2015 マルティン ヴァスマー 赤ワイン S お買い得,定番人気 —— 3,000円


ご好評に付き2015年物は完売致しました 現在2016年を販売中 ■2015年完売の為2016年販売中■ ご好評に付き2015年物が完売致しましたので、現在2016年物を販売中! 2016年のご購入はこちらから! 『ピノ好きはマスト。』『僕がバイヤーやっていたら1000本は欲しい!』 先日、 ドイツワイン協会が主催する試飲会で、 『どうしてもご紹介したい!!』 と思わせるワインに出会いました! 150本以上もの出品があった中から、スバ抜けて美味しかったワインが、マルティン・ヴァスマーのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)です。 ブルゴーニュに例えるなら、シャンボール・ミュジニーの優美さと、モレ・サン・ドニの温かな豊かさを兼ね備えた味わいで、もう香りからノックアウト状態(笑) 実は、マルティン氏はシャンボール・ミュジニーを代表する造り手 《アミオ・セルヴェル》 で研修、娘さんも 《トリンバック》 や 《メオ・カミュゼ》 といった、大御所の門を叩いて研修したのだとか! さらに、ワイナート誌95号の企画《ドイツ&オーストリア赤ワイン50本試飲》で… 『第1位を獲得し、今号の大絶賛に選出!!』 しかもテイスターの西山氏のコメントでは… 『僕がバイヤーやっていたら1000本は欲しい!ピノ好きはマスト。』 とコメントをしたりと、 専門家やプロにも認められたのです(^_^)v ブルゴーニュ好きにも、是非、いや、絶対に飲んで頂きたい1本です!! ■輸入元様資料より抜粋■ 所有する以下の6つの畑のブドウから造られるキュベ。 シュラッター・マルテーザーガルテン、アウゲナーレッテン、ドッティンガー・カステルベルク、エーレンステッター・エールベルク、スタウフェナー・シュロスベルク、ラウフェナー・アルテンベルク。 森の果実のニュアンスと湧き上がるこなれた酸をまとっているので、 様々な料理に寄り添うことはもちろんこのエリアの空気感を体現した一本です 。 天然酵母、内20%は梗を含むブドウを圧搾、フランス産バリックにより12ヶ月熟成。 INFORMATIONNameMarkgraflerland Spatburgnder Martin Wassmerブドウ品種シュペートブルグンダー生産者名マルティン ヴァスマー産地ドイツ/バーデンRegionGermany/内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating (輸入元様資料より抜粋) 当主マルティン・ヴァスマーさんは57歳。3女1男の父。 もともとはトウモロコシとじゃがいもの栽培農家だった家庭に育ち、19歳から21歳には料理人を目指す。 その後、やはり農業が好きということで実家に戻り、シュパーゲル(ホワイトアスパラ)の栽培を開始。 彼のアスパラを求めてくるお客さんと地元のワインを飲むたびに、その相性に「何か違う」と違和感を覚え、ご両親が趣味で所有していた4ヘクタールの葡萄畑を元に、1997年、36歳にして醸造所を創設した遅咲きの醸造家です。 そこからどんどんはまっていき、北はフライブルクの東グロッタータールから南はスイス国境のアオゲンまで南北に渡って35ヘクタールを所有するまでになりました。 1998年には、ブルゴーニュ シャンボール・ミュジニー随一の生産者の一つ、アミオ・セルヴェルにて研修。 また、 長女のサブリナさんはラインガウのシュロスフォルラーツ、 アルザスのトリンバックにて研修。 最後にはブルゴーニュのメオカミュゼに3年間手紙を書き続け頼み込み、ようやく研修生として受け入れてもらったという、とてもガッツのある才女です。 一番下の息子さんは現在、同じくバーデン地域のトップ生産者であるベルンハルト・フーバーで研修中。
マークグレーフラーランド シュペートブルグンダー 2015 マルティン ヴァスマー 赤ワイン S 新作,定番人気

マークグレーフラーランド シュペートブルグンダー 2015 マルティン ヴァスマー 赤ワイン S 新作,定番人気 —— 3,000円


ご 購 入 の 前 に 下記の商品説明は、2015年ヴィンテージのものになります。 『ピノ好きはマスト。』『僕がバイヤーやっていたら1000本は欲しい!』 先日、 ドイツワイン協会が主催する試飲会で、 『どうしてもご紹介したい!!』 と思わせるワインに出会いました! 150本以上もの出品があった中から、スバ抜けて美味しかったワインが、マルティン・ヴァスマーのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)です。 ブルゴーニュに例えるなら、シャンボール・ミュジニーの優美さと、モレ・サン・ドニの温かな豊かさを兼ね備えた味わいで、もう香りからノックアウト状態(笑) 実は、マルティン氏はシャンボール・ミュジニーを代表する造り手 《アミオ・セルヴェル》 で研修、娘さんも 《トリンバック》 や 《メオ・カミュゼ》 といった、大御所の門を叩いて研修したのだとか! さらに、ワイナート誌95号の企画《ドイツ&オーストリア赤ワイン50本試飲》で… 『第1位を獲得し、今号の大絶賛に選出!!』 しかもテイスターの西山氏のコメントでは… 『僕がバイヤーやっていたら1000本は欲しい!ピノ好きはマスト。』 とコメントをしたりと、 専門家やプロにも認められたのです(^_^)v ブルゴーニュ好きにも、是非、いや、絶対に飲んで頂きたい1本です!! ■輸入元様資料より抜粋■ 所有する以下の6つの畑のブドウから造られるキュベ。 シュラッター・マルテーザーガルテン、アウゲナーレッテン、ドッティンガー・カステルベルク、エーレンステッター・エールベルク、スタウフェナー・シュロスベルク、ラウフェナー・アルテンベルク。 森の果実のニュアンスと湧き上がるこなれた酸をまとっているので、 様々な料理に寄り添うことはもちろんこのエリアの空気感を体現した一本です 。 天然酵母、内20%は梗を含むブドウを圧搾、フランス産バリックにより12ヶ月熟成。 INFORMATIONNameMarkgraflerland Spatburgnder Martin Wassmerブドウ品種シュペートブルグンダー生産者名マルティン ヴァスマー産地ドイツ/バーデンRegionGermany/内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating (輸入元様資料より抜粋) 当主マルティン・ヴァスマーさんは57歳。3女1男の父。 もともとはトウモロコシとじゃがいもの栽培農家だった家庭に育ち、19歳から21歳には料理人を目指す。 その後、やはり農業が好きということで実家に戻り、シュパーゲル(ホワイトアスパラ)の栽培を開始。 彼のアスパラを求めてくるお客さんと地元のワインを飲むたびに、その相性に「何か違う」と違和感を覚え、ご両親が趣味で所有していた4ヘクタールの葡萄畑を元に、1997年、36歳にして醸造所を創設した遅咲きの醸造家です。 そこからどんどんはまっていき、北はフライブルクの東グロッタータールから南はスイス国境のアオゲンまで南北に渡って35ヘクタールを所有するまでになりました。 1998年には、ブルゴーニュ シャンボール・ミュジニー随一の生産者の一つ、アミオ・セルヴェルにて研修。 また、 長女のサブリナさんはラインガウのシュロスフォルラーツ、 アルザスのトリンバックにて研修。 最後にはブルゴーニュのメオカミュゼに3年間手紙を書き続け頼み込み、ようやく研修生として受け入れてもらったという、とてもガッツのある才女です。 一番下の息子さんは現在、同じくバーデン地域のトップ生産者であるベルンハルト・フーバーで研修中。
マークグレーフラーランド シュペートブルグンダー 2016 マルティン ヴァスマー 赤ワイン 人気,低価

マークグレーフラーランド シュペートブルグンダー 2016 マルティン ヴァスマー 赤ワイン 人気,低価 —— 3,000円


ご 購 入 の 前 に 下記の商品説明は、2015年ヴィンテージのものになります。 『ピノ好きはマスト。』『僕がバイヤーやっていたら1000本は欲しい!』 先日、 ドイツワイン協会が主催する試飲会で、 『どうしてもご紹介したい!!』 と思わせるワインに出会いました! 150本以上もの出品があった中から、スバ抜けて美味しかったワインが、マルティン・ヴァスマーのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)です。 ブルゴーニュに例えるなら、シャンボール・ミュジニーの優美さと、モレ・サン・ドニの温かな豊かさを兼ね備えた味わいで、もう香りからノックアウト状態(笑) 実は、マルティン氏はシャンボール・ミュジニーを代表する造り手 《アミオ・セルヴェル》 で研修、娘さんも 《トリンバック》 や 《メオ・カミュゼ》 といった、大御所の門を叩いて研修したのだとか! さらに、ワイナート誌95号の企画《ドイツ&オーストリア赤ワイン50本試飲》で… 『第1位を獲得し、今号の大絶賛に選出!!』 しかもテイスターの西山氏のコメントでは… 『僕がバイヤーやっていたら1000本は欲しい!ピノ好きはマスト。』 とコメントをしたりと、 専門家やプロにも認められたのです(^_^)v ブルゴーニュ好きにも、是非、いや、絶対に飲んで頂きたい1本です!! ■輸入元様資料より抜粋■ 所有する以下の6つの畑のブドウから造られるキュベ。 シュラッター・マルテーザーガルテン、アウゲナーレッテン、ドッティンガー・カステルベルク、エーレンステッター・エールベルク、スタウフェナー・シュロスベルク、ラウフェナー・アルテンベルク。 森の果実のニュアンスと湧き上がるこなれた酸をまとっているので、 様々な料理に寄り添うことはもちろんこのエリアの空気感を体現した一本です 。 天然酵母、内20%は梗を含むブドウを圧搾、フランス産バリックにより12ヶ月熟成。 INFORMATIONNameMarkgraflerland Spatburgnder Martin Wassmerブドウ品種シュペートブルグンダー生産者名マルティン ヴァスマー産地ドイツ/バーデンRegionGermany/内容量750mlWA−/Issue −WS−/Issue −※WA : Wine Advocate Rating ※WS : Wine Spectator Rating (輸入元様資料より抜粋) 当主マルティン・ヴァスマーさんは57歳。3女1男の父。 もともとはトウモロコシとじゃがいもの栽培農家だった家庭に育ち、19歳から21歳には料理人を目指す。 その後、やはり農業が好きということで実家に戻り、シュパーゲル(ホワイトアスパラ)の栽培を開始。 彼のアスパラを求めてくるお客さんと地元のワインを飲むたびに、その相性に「何か違う」と違和感を覚え、ご両親が趣味で所有していた4ヘクタールの葡萄畑を元に、1997年、36歳にして醸造所を創設した遅咲きの醸造家です。 そこからどんどんはまっていき、北はフライブルクの東グロッタータールから南はスイス国境のアオゲンまで南北に渡って35ヘクタールを所有するまでになりました。 1998年には、ブルゴーニュ シャンボール・ミュジニー随一の生産者の一つ、アミオ・セルヴェルにて研修。 また、 長女のサブリナさんはラインガウのシュロスフォルラーツ、 アルザスのトリンバックにて研修。 最後にはブルゴーニュのメオカミュゼに3年間手紙を書き続け頼み込み、ようやく研修生として受け入れてもらったという、とてもガッツのある才女です。 一番下の息子さんは現在、同じくバーデン地域のトップ生産者であるベルンハルト・フーバーで研修中。
マークグレーフラーランド シュペートブルグンダー 2016 マルティン ヴァスマー 赤ワイン 最新作,格安

業務用品・店舗用品

店舗用品

オフィス家具

オフィス用品

食品/飲料

こだわり食品2

ヨーロッパその他

ポルトガル

ドイツ

イギリス

その他のお酒

ジン

リキュール

新世界/日本

新世界

スペイン

スペイン

スパークリング・ワイン/シャンパーニュ

フランス/シャンパーニュ地方

雑貨/書籍

ライフスタイル雑貨

ファッション

テーブルウェア

ワインセット

ワインセット 国別

ワインセット 本数別

ワインセット 価格帯別

フランス/ブルゴーニュ

ブルゴーニュ地方

作業用品

物流・保管用品

電動工具・油圧工具

工具箱・ツールバッグ

切断用品

工具セット

作業工具

研削研磨用品

メイン商品(本体)

トレーニング

レジャー・アウトドア

機械系

機械系オプション・パーツ

除雪機

電子タバコ

男の子

セットアップ

ショートパンツ/ハーフパンツ

ロングパンツ

シャツ

ジャケット/アウター/パーカー

女の子

トレーナー

ショートパンツ/ハーフパンツ

ロングパンツ

スカート/キュロット

ジャケット/アウター/パーカー

半袖Tシャツ

ワンピース/ジャンパースカート

オールインワン/つなぎ

カテゴリ別で探す

インナー

ベビー・キッズ・マタニティ

ナチュラル・オーガニックフード

生活雑貨

ファッション

キッチン

ナチュラル・オーガニックコスメ